人気ブログランキング |

<   2008年 01月 ( 18 )   > この月の画像一覧

パリの思い出~2007/12/31パリ四日目その5~

サントゥシュタット教会を後にし、モンマルトル通りを北上してパッサージュ・デ・パノラマへ。
このすぐ近くには昨日訪れたパッサージュ・ジュフロアやパッサージュ・ヴェルドーもあるので、どうせなのでまとめてパッサージュ巡りを敢行。
c0116732_2322350.jpg

c0116732_23102066.jpg
c0116732_23105814.jpg
c0116732_23113171.jpg
c0116732_23115340.jpg
c0116732_23122069.jpg
c0116732_23125372.jpg
c0116732_23134734.jpg
c0116732_23141369.jpg
c0116732_23151571.jpg
c0116732_23154925.jpg
c0116732_23161289.jpg
c0116732_23163640.jpg
c0116732_2317966.jpg
c0116732_2317522.jpg
c0116732_23181539.jpg
c0116732_23184186.jpg
c0116732_2319829.jpg
c0116732_23193892.jpg
c0116732_2320923.jpg
c0116732_23203092.jpg
c0116732_23205352.jpg
c0116732_2321172.jpg
c0116732_23215325.jpg
c0116732_23221870.jpg
c0116732_23223625.jpg
c0116732_2323640.jpg

サンテグジュペリです。
「本当に大切なものは目に見えないんだよ。」
c0116732_2335820.jpg
c0116732_2335397.jpg
c0116732_2336541.jpg

OLYMPUS E-3 & ZD14-54

次回は、「大晦日のレ・ミゼラブル」
by pikolino | 2008-01-30 23:51 | パリの思い出 with E-3

パリの思い出~2007/12/31パリ四日目その4~

ノートルダム寺院に入れなかった反動から、更なる教会巡りを続行することに。
向かった先は前日に訪れたばかりのサントゥシュタット教会。
でも一日前というより数日前に来たような感覚がしたのは、それだけパリで過ごした時間が濃密だったということでしょうか。

教会前にて。
c0116732_22473082.jpg

そして教会の中へ。
この教会は朝訪れた教会みたいな窓枠の少ないほぼ密閉式というものではなく、方々の窓から自然光を取り入れる構造をしていますので館内が明るいのが特徴です。
c0116732_22493153.jpg
c0116732_22495079.jpg
c0116732_2250990.jpg
c0116732_2250324.jpg
c0116732_22505665.jpg
c0116732_22511347.jpg
c0116732_2251385.jpg
c0116732_2252690.jpg

このオルガンの鍵盤上をリストの指が舞っていたわけです。
鍵盤に触れたかったのですがご覧のように厳重に保管されているので駄目でした。
c0116732_22551914.jpg

これがサントゥシュタット教会のパイプオルガン。
c0116732_2258948.jpg
c0116732_22583824.jpg
c0116732_2259182.jpg
c0116732_22591831.jpg
c0116732_22593714.jpg
c0116732_230434.jpg
c0116732_2303484.jpg
c0116732_2305974.jpg
c0116732_2312382.jpg
c0116732_2321144.jpg
c0116732_2324355.jpg
c0116732_2331521.jpg
c0116732_2334560.jpg
c0116732_2341934.jpg
c0116732_2344797.jpg
c0116732_2352670.jpg
c0116732_2355766.jpg
c0116732_2362997.jpg
c0116732_2365559.jpg
c0116732_2371430.jpg

c0116732_2375890.jpg

教会巡りの次はこれも定番になりつつあるパッサージュ巡りへ。
今夜に備えるつもりが昼から足を酷使しまくってます。
c0116732_2311685.jpg

OLYMPUS E-3 & ZD14-54
by pikolino | 2008-01-29 23:24 | パリの思い出 with E-3

パリの思い出~2007/12/31パリ四日目その3~

リュクサンブール公園を後にし、パンテオンへと向かいます。
c0116732_22444181.jpg

ドーム状の建物がパンテオンです。
ここでフーコーが振り子の実験をしたそうです。
c0116732_22455582.jpg

c0116732_2247979.jpg

どうやら団体観光客が記念撮影をしているようです。どうせならパンテオンをバックに撮影をすればいいのに。変わりに私がその構図で記念撮影。
c0116732_22493077.jpg

パンテオンを下から見上げるの図。館内に入ろうとしましたが、思いのほか入館料が高くて止めてしまいました。「パンテオン上部からのパリの見晴らしは素晴らしく必見」と後で本を読んで知り、少々無理をしてでも入館すべきだったと今物凄く後悔しています。パリに居ると見るべきものがたくさんありすぎて、限られた時間で何を見るべきかを取捨選択する必要に迫られます。日本に帰って「あ~、あれを見ておくべきだった...」と悔やむこと頻繁ですがもう時すでに遅し。パリはここから時差8時間のはるか彼方に。
c0116732_2325866.jpg

向こうに見えるのはサンテティエンヌ・デュモン教会。
c0116732_234436.jpg

何の標識かはわかりませんがとりあえず記念に。
c0116732_23545.jpg
c0116732_235248.jpg

旧パリ城壁跡。
c0116732_2354770.jpg

c0116732_2364516.jpg
c0116732_237158.jpg
c0116732_2375714.jpg
c0116732_2382345.jpg
c0116732_2384725.jpg

トゥールネル橋付近に到着。ここから眺めるノートルダム寺院の後姿は素晴らしいです。
c0116732_23113326.jpg
c0116732_2312522.jpg

今日こそノートルダム寺院の館内に入るぞ!と橋を渡りサン・ルイ島経由で一路教会へ。
c0116732_2314267.jpg
c0116732_2314547.jpg

うん?何だあれ?
c0116732_23154999.jpg

パリでは盗人もクリエイティブ。
c0116732_2320265.jpg
c0116732_23205185.jpg
c0116732_2321713.jpg

ノートルダム寺院に到着。
道路の向こう側に行列が.....
c0116732_2322466.jpg

こちらは教会正面。うっ、やはり行列が.....
入るのに一時間はかかりそうだったので断念することに。
c0116732_2322156.jpg

セーヌ川を眺めていると、以前訪れた時とまた同じアレルギー症状。
体がぽかぽか火照ってきて、腕を見ると蕁麻疹が...
これはアカンとシテ島から逃げるように立ち去りました。
c0116732_2325389.jpg
c0116732_2325229.jpg

c0116732_23293228.jpg
c0116732_23295881.jpg

またですがセーヌ川沿いの出店巡りです。
パリ観光では、教会巡りにパッサージュ巡り、そしてこのセーヌ河畔の出店巡りは必須項目だと個人的に強く主張させてください。
c0116732_23321100.jpg
c0116732_23322910.jpg
c0116732_23324733.jpg
c0116732_23331395.jpg
c0116732_23332939.jpg
c0116732_23335541.jpg
c0116732_23341868.jpg
c0116732_23343738.jpg
c0116732_2335454.jpg
c0116732_23353273.jpg
c0116732_23355379.jpg
c0116732_23361779.jpg
c0116732_23364246.jpg

OLYMPUS E-3 & ZD14-54
by pikolino | 2008-01-28 23:46 | パリの思い出 with E-3

パリの思い出~2007/12/31パリ四日目その2~

サン・シュルピス教会に到着。
私が訪れたときは外壁の工事中でした。
教会の中へ。
c0116732_21312582.jpg
c0116732_2132430.jpg
c0116732_21322363.jpg
c0116732_21324058.jpg
c0116732_2133298.jpg
c0116732_21334982.jpg
c0116732_2134773.jpg
c0116732_21363911.jpg
c0116732_2137121.jpg
c0116732_21371829.jpg
c0116732_21374136.jpg
c0116732_213828.jpg
c0116732_21382650.jpg
c0116732_21384744.jpg
c0116732_213965.jpg
c0116732_21392299.jpg
c0116732_21394234.jpg
c0116732_2140469.jpg
c0116732_21402481.jpg

c0116732_21413462.jpg

外へ出ます。
c0116732_2142332.jpg

すぐ近くにあるリュクサンブール宮殿へと歩いていきます。
c0116732_21434316.jpg
c0116732_2144214.jpg
c0116732_21442270.jpg

リュクサンブール公園にて。
この公園には後日また訪れることになります。
c0116732_21455718.jpg
c0116732_214615100.jpg
c0116732_2146576.jpg
c0116732_21471711.jpg
c0116732_21473185.jpg
c0116732_21475071.jpg

OLYMPUS E-3 & ZD14-54
by pikolino | 2008-01-27 21:52 | パリの思い出 with E-3

パリの思い出~2007/12/31パリ四日目その1~

海外で初めて迎える大晦日です。
そして海外での初めての年越しです。
この日を自分的には今回の旅のメイン・イベントに据えていましたので、昨夜は夜遅くまで散歩していたにも関わらずまるで遠足当日の子供のように早起きしてしまいました。

朝7時に自宅を出発してパリ観光です。
日の出までにはまだ2時間近くありますので外は真っ暗です。
今夜に備えて足は酷使したくなかったので、少々土地感の分かってきた場所を中心に散策することに。
当然行き当たりばったりです。

ポン・ヌフ橋へと歩いていきます。
c0116732_19143256.jpg
c0116732_19144516.jpg

c0116732_1915515.jpg
c0116732_19151776.jpg

ポン・ヌフ橋に到着。
また空き瓶が放置されてます。
c0116732_191610100.jpg

スキンヘッドの男二人が仲良く手を繋いで歩いてました。
深く考えないようにし先へと進んでいきます。
c0116732_19173581.jpg

「そういえばセーヌ川の水にまだ一度もじかに触れてなかったな.....」とセーヌ河畔の川べりへと降りていきます。
c0116732_19192738.jpg
c0116732_19194271.jpg
c0116732_19211345.jpg
c0116732_19213196.jpg
c0116732_19214927.jpg

船の横の階段を下りてセーヌ川の水に恐る恐る手を伸ばします。
ひぇ~っ、冷たい!
c0116732_1922926.jpg

c0116732_1925559.jpg
c0116732_19252340.jpg

c0116732_1925397.jpg

再び市街地を歩いていきます。
貨幣博物館付近にて。
c0116732_19273569.jpg
c0116732_19275062.jpg
c0116732_1928492.jpg

c0116732_19285560.jpg
c0116732_19291280.jpg
c0116732_19292843.jpg

サン・ジェルマン・デ・プレ教会に到着。
中に入ってみると人影はありません。
誰もいない?と思いきやどこからかいびき声が。
見ればベンチでおっちゃんが寝てます。
教会内だからエコーがかかっちゃってもう雰囲気台無し^^;
寛容な神様も苦笑いしていることでしょうね。
c0116732_19345493.jpg
c0116732_1935817.jpg
c0116732_1935287.jpg
c0116732_19354265.jpg
c0116732_1936453.jpg
c0116732_19362194.jpg
c0116732_19363590.jpg

外に出て、すぐ近くにあるサン・シュルピス教会へと向かいます。
c0116732_19373938.jpg

OLYMPUS E-3 & ZD14-54
by pikolino | 2008-01-26 19:46 | パリの思い出 with E-3

パリの思い出~2007/12/30パリ三日目その6~

この旅に出る前にちょっとした不眠症になったことを以前述べました。
理由は今考えるとインターネットから得た情報に踊らされた結果とも云えるような気がします。
今回は私にとって初めての海外旅行なものですから、当然海外旅行で留意すべき事柄なんて全く分かりません。

そこでインターネットの活用です。

「海外旅行」関連でググって「海外旅行経験者」の体験談から何がしかの情報を得ようとするのは素人の行為としてはまあ当然の帰結です。
たくさんのHPを閲覧しました。そしてそこから色々な情報を得ました。
で、その結果必然的にある「海外旅行」に対する固定概念に至るわけです。
「海外って怖え~~~~~~!!!」ってね(これは多分皆さんも同じだと思います)。
夜に屋外をうろちょろするのは自殺行為だなんて書いてあるのをしばしば目にしました。
私にしてみれば今回の旅では夜間撮影を一番の楽しみにしていたものですから、ひょっとしたら日本の地を二度と踏むことができないかもしれないなどと真剣に考えたりしました(今では笑い話ですが)。

で、実際は。。。。。

んなことはありません。
夜中でも日本と同じように何の身の危険を感じることなく屋外を徘徊することができました。
もちろん、今日の昼に訪れたサン・ドニ門付近のストラスブール通りなどは真昼間でも「これはやばいな。。。」と思われる場所はありました(目つきの悪い怪しげな人間がそこかしこで屯ってます)。
でもセーヌ川沿いの観光スポット周辺などは、私と同じように夜中のパリを散策する観光客も結構いたりして余裕で徘徊できます(女性の夜の一人での行動は日本と同様お勧めできませんが...)。

インターネットから得ることのできる安全に関する情報は有用であることに異論を挟むつもりは毛頭ありません。
ただ、ことパリに関してはそれほど神経質になる必要はないよなぁ~っていうのが今回の旅で得た私の経験からの結論です。
かといって、油断しすぎも危険ですけどね(これは世界のどこに行っても一緒だとは思いますが)。


ルーブル美術館にて。
c0116732_21324874.jpg
c0116732_21331424.jpg
c0116732_21334219.jpg
c0116732_2134446.jpg
c0116732_21342327.jpg
c0116732_21344593.jpg
c0116732_2135847.jpg
c0116732_21353318.jpg
c0116732_21355665.jpg
c0116732_21361622.jpg
c0116732_21372993.jpg
c0116732_21375376.jpg
c0116732_21381749.jpg
c0116732_21384148.jpg
c0116732_2139691.jpg
c0116732_21393338.jpg
c0116732_21394988.jpg
c0116732_214021100.jpg
c0116732_21404119.jpg
c0116732_2141344.jpg
c0116732_2141232.jpg
c0116732_21414158.jpg
c0116732_214211.jpg
c0116732_21422313.jpg
c0116732_21425365.jpg
c0116732_21431613.jpg
c0116732_2143365.jpg
c0116732_21435991.jpg
c0116732_21442568.jpg
c0116732_21452412.jpg

アパートメントのエレベーター。
奥行きは50cmほどでしょうか。
見てのとおりここに入ればほとんど身動きがとれません。棺桶に近いものがあります。
これを初めて見たときは「こんなのありえね~」と思ったのが正直なところです。
実際の使用感も不便極まりないものでした。
でも今この写真を見ると不思議なもので物凄く懐かしく愛らしく思えてなりません。
c0116732_21523588.jpg

Olympus E-3 & LEICA SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.

次回は、パリの大晦日です。
by pikolino | 2008-01-24 22:27 | パリの思い出 with E-3

パリの思い出~2007/12/30パリ三日目その5~

足が限界に達したため宿舎にもどり、全然面白くないフランスのテレビ番組をぼ~っと見て過ごす。
「こういう無駄な時間の浪費はある意味贅沢だよなァ~。観光客じゃなくて地元の住人の時間の費やし方に近いものがあるよなァ~」なんて自分を偽りながら前向きに考えるしかありませんでした。。。。

夜9時ごろになると漸く足の痛みが和らいできてどうにか歩けそうな気配。
今度の旅のメインイベントの明日に備えてここはじっくり休んだほうがいいのではと思いつつ、「昼の分を取り返さなければ!」との焦る気持ちから夜の散歩に出かけることに。

パレ・ロワイヤル周辺にて。
c0116732_21462564.jpg
c0116732_21464843.jpg
c0116732_21471562.jpg
c0116732_21474146.jpg

c0116732_21482842.jpg

c0116732_21494348.jpg
c0116732_21502134.jpg
c0116732_21505276.jpg
c0116732_21511810.jpg
c0116732_215149100.jpg
c0116732_21523398.jpg
c0116732_2153322.jpg
c0116732_21533581.jpg
c0116732_21535631.jpg
c0116732_21541691.jpg
c0116732_21543693.jpg
c0116732_21545872.jpg
c0116732_21551856.jpg
c0116732_21554110.jpg
c0116732_2156297.jpg
c0116732_21562813.jpg
c0116732_2157220.jpg
c0116732_21572335.jpg
c0116732_2157451.jpg
c0116732_2158396.jpg
c0116732_2158242.jpg
c0116732_21584543.jpg
c0116732_2159576.jpg
c0116732_21592356.jpg

ピラミッド広場を通りルーブルへ。
c0116732_21594675.jpg

カルーゼル凱旋門にて。
c0116732_2201168.jpg

Olympus E-3 & LEICA SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.

次回はこの日の最終回、幻想の世界:真夜中のルーブルです。
by pikolino | 2008-01-23 22:08 | パリの思い出 with E-3

パリの思い出~2007/12/30パリ三日目その4~

サントゥシュタッシュ教会のすぐ隣では市がたってました。
c0116732_20391499.jpg
c0116732_2039408.jpg

パリ旅行中5~6箇所ほど教会を訪れましたが、その中でもこの教会は一番のお気に入りです(ここには計3回訪れる)。
フランツ・リストやベルリオーズがここのパイプオルガンを実際に演奏したことを考えるだけで頭がくらくらしてきます。
ノートルダム寺院みたいに行列に並ばなくてもすんなり入れますし当然観光客もそんなにいないのですが、かといってこの教会が陳腐というわけでは決してありません。
中に入ればただただ圧倒されるだけです。。。
屋内は静謐そのもの、カメラのシャッター音が響き渡ります。

サントゥシュタッシュ教会の中へ。
c0116732_2049599.jpg
c0116732_20502028.jpg
c0116732_20503810.jpg
c0116732_20505520.jpg
c0116732_20511450.jpg
c0116732_20513443.jpg
c0116732_20515961.jpg
c0116732_20521574.jpg
c0116732_20523478.jpg
c0116732_20525364.jpg
c0116732_20531577.jpg
c0116732_20533545.jpg
c0116732_20535789.jpg
c0116732_20541547.jpg
c0116732_20544126.jpg
c0116732_205517.jpg
c0116732_20555482.jpg
c0116732_20561412.jpg
c0116732_20563862.jpg

サントゥシュタッシュ教会の外へ。
c0116732_2057875.jpg

ヴィクトワール広場にて。
c0116732_20575526.jpg
c0116732_2058298.jpg
c0116732_20585241.jpg
c0116732_20594587.jpg
c0116732_2101055.jpg

パレ・ロワイヤル庭園へ。
c0116732_2105638.jpg
c0116732_2112238.jpg
c0116732_2113743.jpg
c0116732_2115777.jpg
c0116732_2124936.jpg
c0116732_213795.jpg
c0116732_2132467.jpg
c0116732_214522.jpg
c0116732_2142431.jpg
c0116732_2144712.jpg

アンドレ・マルロー広場を背中にパレ・ロワイヤル広場を眺める。
向こうに見えるのはルーブル。
c0116732_2164737.jpg

この時点でもうほとんど私の足は限界に達していて、立っているだけでもシンドイ状態でした。
これ以上の散歩は無理と判断、まだ昼の三時ごろでしたがアパートメントに戻ることに。

私が住んでいる屋上の屋根裏部屋へと繋がる階段。
c0116732_2111014.jpg

Olympus E-3 & ZD14-54

次回は、ズミルックスを持って夜中の散歩編。
by pikolino | 2008-01-22 21:12 | パリの思い出 with E-3

パリの思い出~2007/12/30パリ三日目その3~

パッサージュ・ジュフロアを後にしてサン・ドニ門へ足を運びます。
c0116732_22153182.jpg
c0116732_22155983.jpg
c0116732_2216236.jpg
c0116732_22164393.jpg
c0116732_22171719.jpg
c0116732_2217507.jpg

サン・ドニ門到着。
門を背中にフォーブル・サン・ドニ通りを見渡すの図。
c0116732_22195655.jpg

通りを北方面へ歩いていきます。
c0116732_2221960.jpg

c0116732_2224220.jpg
c0116732_22242540.jpg
c0116732_22244329.jpg
c0116732_2225061.jpg
c0116732_22251933.jpg
c0116732_22254499.jpg
c0116732_2226654.jpg
c0116732_22262576.jpg
c0116732_22264859.jpg
c0116732_222774.jpg
c0116732_22272973.jpg
c0116732_22275914.jpg
c0116732_22282033.jpg
c0116732_22284459.jpg
c0116732_22291574.jpg
c0116732_22294542.jpg
c0116732_223025100.jpg
c0116732_2230562.jpg

パッサージュ・ブラディを通ってストラスブール大通りへ。
c0116732_22322470.jpg

c0116732_22343255.jpg
c0116732_2235381.jpg

ストラスブール大通りを南下してセバストポル大通りへ。
今日はこの時点で早くも昨日の夜と同じ状況、足を引きずっています。
c0116732_2238215.jpg

c0116732_22385531.jpg
c0116732_22391797.jpg
c0116732_22394115.jpg
c0116732_22404332.jpg

チェルビコ通りに出たところで今度はこの通りを南西方面へと歩いて行くとサントゥシュタット教会にたどり着きます。
c0116732_22431049.jpg
c0116732_2243397.jpg

Olympus E-3 & ZD14-54

次回、サントゥシュタット教会&パレ・ロワイヤル庭園
by pikolino | 2008-01-21 22:49 | パリの思い出 with E-3

パリの思い出~2007/12/30パリ三日目その2~

マドレーヌ教会入り口の扉です。
c0116732_18425061.jpg
c0116732_18431198.jpg

どこの教会もそうだったのですが、屋外と教会内の間には必ず中継ぎの間とも言うべき小部屋があります。
外の喧騒と屋内を隔てるための緩衝としての役割を果たしているのか、訪れた人がここで身だしなみを整えて教会内へと入るようにとの配慮からなのか分かりません。
その中継ぎの間を通って内部へ入ると、これもどこの教会でも同じで掲示板が入り口付近に設置されてます。
c0116732_18491337.jpg

パリの教会は日本の教会とは異なりどこも撮影はOKですが、以下のことは禁じられてます。
・フラッシュ、三脚を用いた撮影
・帽子をかぶったままの見学
・肌を露出した服装、サンダル履きなど
・騒音、大きな声での会話
以上の禁止事項をしっかり守れば、写真を何枚撮ろうが関係者に咎められることはありません。
c0116732_18543265.jpg
c0116732_18544924.jpg
c0116732_18551064.jpg
c0116732_18552764.jpg
c0116732_18554487.jpg
c0116732_1856699.jpg
c0116732_18571043.jpg
c0116732_1857284.jpg
c0116732_1858088.jpg

再び外に出てカプシーヌ大通り、イタリアン大通りを通って北東方面へ歩いていきます。
屋外カフェでよく身かけた屋外用ヒーター。
c0116732_19231.jpg
c0116732_1923054.jpg
c0116732_1924529.jpg

オランピア劇場チケット販売所にて。
c0116732_1935529.jpg
c0116732_194135.jpg
c0116732_1943228.jpg

オスマン大通りに突き当たりますので、通りに沿って東へ。
c0116732_197031.jpg
c0116732_197192.jpg
c0116732_1973466.jpg
c0116732_1982138.jpg
c0116732_1983996.jpg
c0116732_199284.jpg

パッサージュ・ジュフロワ、ヴェルドーに到着。
パッサージュとは所謂日本のアーケード商店街みたいなものですが、その歴史は長く古いもので18世紀後半からと日本の商店街には及びもつきません(パッサージュ・ジュフロワは1845年完成)。
c0116732_19162694.jpg
c0116732_19164626.jpg
c0116732_1917435.jpg
c0116732_19172639.jpg
c0116732_19174628.jpg
c0116732_1918775.jpg
c0116732_19184522.jpg
c0116732_19191093.jpg
c0116732_19193555.jpg
c0116732_1920371.jpg
c0116732_19203673.jpg
c0116732_19211260.jpg
c0116732_19213130.jpg
c0116732_19214843.jpg
c0116732_1922862.jpg
c0116732_19222594.jpg
c0116732_19224527.jpg

おおっ!ジャン=ルイ・バローです!
後日マリア・カザレスにも会うことになります。
c0116732_19233563.jpg
c0116732_19235439.jpg
c0116732_19241649.jpg
c0116732_19243286.jpg

Olympus E-3 & ZD14-54

次回はサン・ドニ門北にあるフォーブル・サン・ドニ通りへ。
by pikolino | 2008-01-20 19:32 | パリの思い出 with E-3