カテゴリ:デリーの思い出 with M9( 86 )

Lal Qila

(clickするとかなり拡大します)
c0116732_21204541.jpg

Leica M9 & Carl Zeiss Biogon T*28mmF2.8ZM

ラール・キラーにて。
前投稿のおっちゃんに連れて行ってもらったところです。

デリー観光の有名所は今回の旅でほぼ網羅しましたが、その中でもここが一番警備が厳重でした。
ボディーチェックの後に金属探知機のゲートをくぐり、その先でさらに手荷物の中身をチェックされます。
守衛所では兵士が台座に備え付けられた機関銃を手にして身構えているし...

対テロ対策なんだろうけど、ある意味「異国に来たんだな~」としみじみ実感できるシチュエーションではあります。
[PR]
by pikolino | 2011-05-11 21:56 | デリーの思い出 with M9

旅で得た教訓

(clickするとかなり拡大します)
c0116732_23111120.jpg

Leica M9 & Carl Zeiss Biogon T*28mmF2.8ZM


写真はリクシャーワーラーのおっちゃん。
デリーは東京ほどの大きさを持つメガシティーですので、市街地・近郊地の方々にある史跡を訪れるにも歩いて行くというわけにはいきません。
今回はサイクルリクシャーやオートリクシャーを積極的に活用しました(リクシャーは日本語の「力車」由来)。

それにしても、このおっちゃんよくしゃべるしゃべる。
あれはジャマーマスジッドだ!
ここはチャンドニーチョークだよ。
お前の持ってるカメラは日本製か?
などなど。

いろいろ観光案内してくれるので、始めて利用した人なら「なんてフレンドリーで親切な人なんだろう」と思うでしょうが、実際はそうではありません。
もうこの時点で数々のおっちゃんと揉めてましたので、「またか…」の感情しか湧きません。
要するに後に「観光案内に対する見返り」、すなわちお金の上積みを要求してきます。

完全にGive and Takeの世界で商売の原型といえば別に悪いことではないんだろうけど、ただこのGiveは半ば強制的に与えられるもんですからね。

あるパン屋で何を買おうかと迷っている時、パン屋の従業員でもなんでもない見知らぬおっさんが立ち寄ってきて「これがいいよ!」なんて語りかけてきます。
ふ~ん、じゃあこれ買うか…とパンを買うと、そのおっさんが「マネー、マネー」と喚きだすわけです。
俺がこのパンを紹介してお前はそのパンを買った。だから金をくれ!という図式なんですね。

この類型は他にもあって、観光地で写真を撮っていると芝刈りしているおばちゃん達が、
「カメラを渡しなさい、写真撮ってあげるから」と声をかけてきます。
これも後でチップの要求があると思って間違いありません。
(それをきちんと分かったうえで撮影を頼む分には全く問題ありませんが)

ただ、これらは全然良心的(?)なほうです。
中にはもっと悪質なものがあるし、実際経験しました(この件は後日ブログで触れるかもしれません)。

ブログや本を見るとこういったトラブルは特にデリーに多いようです。
でも、結局こんな人々をデリーに集め熟成してきたのは私達外国人観光客なんですけどね。。。

兎にも角にも外国を旅行するときはその国の価格基準をきっちり把握しておきましょう!
でないと外国人を見て目の輝きを増すおっちゃん達の「おいしい鴨」になっちゃいます。
[PR]
by pikolino | 2011-05-09 22:19 | デリーの思い出 with M9

デリー・路地裏にて

(clickするとかなり拡大します)
c0116732_21144068.jpg

Leica M9 & Leica SUMMILUX-M f1.4/50mm ASPH.
[PR]
by pikolino | 2011-05-08 21:18 | デリーの思い出 with M9

M9絶不調

(clickするとかなり拡大します)
c0116732_20441369.jpg

Leica M9 & Leica SUMMILUX-M f1.4/50mm ASPH.


M9は圧縮なしのRAW(DNG)で約500枚ほど撮影可能。
E-500の約70枚、E-3の約100枚の時代を経た者にしてみればまさに驚異的です。
(D700は1回充電しただけでバッテリー切れするほど写真を撮らなかったので不明)

予備として純正1つ、サードパーティー製2つの計4つバッテリーを持っているんだけど、この内3つが何故か使えなくなってしまった。
カメラに入れると充電しろ表示でシャッター押してもM9はガン無視。
充電機に入れると数分で充電完了の表示。
これを何回か繰り返しても状況は一向に変わらず…嘘ついてるのはどっち?
旅行直前に気付いたので、今回は予備なしのバッテリー1つで何とかやりくりしました。
といっても暑くてそんなに撮れなかったのでこれで十分でしたが。

SANDISKの32Gカード入れると16Gで認識してしまうし…なんとなくカメラ側に原因があるような気がする。
しかもM9の軍艦部がパカパカしてる...
エイ!ってしちゃうとM9完全に真っ二つだなこりゃ。

M9とはしばらく離れ離れになりそうな気配です。
[PR]
by pikolino | 2011-05-07 21:08 | デリーの思い出 with M9

異次元の暑さ

(clickするとかなり拡大します)
c0116732_20555078.jpg

Leica M9 & Carl Zeiss Biogon T*28mmF2.8ZM


前々からインドには行ってみたいとは思っていたんですね。
「自分探しの旅」なんてこっ恥ずかしい看板を掲げての旅なんかではなくて、純粋に自分の目で直に見てみたかった国です。

それにしても暑かった。
事前調査なぞ全くせず5月初旬ならベトナムほど暑くないだろうと軽く考えてたのが….
出発数日前にデリーの週間天気予報を確認したら、

えっ?予想最高気温45℃?

なんでもインド・デリーの5月は一年を通して一番暑い時期だとのこと。
迂闊でした。

湿気のないカラっとした暑さ。
ベトナムの湿度のあるじめじめした不快な暑さではないんだけど、今までの人生で味わったことのない脳天貫く暑さでした。
多分アスファルト上は軽く50℃超えですね。
炎天下の街をカメラ片手にぶらぶら歩いてて、「あれっ、自分かなりまずくね?」といった状況にたびたび追い込まれました。
その時は木陰に入り小一時間ほどクールダウン。

水をがぶ飲みし汗だくになってへばっている私を横目に、汗一つかいてないインド人は平然と通り過ぎていくだけ…
人間の環境適応能力まさに恐るべし。
[PR]
by pikolino | 2011-05-06 20:59 | デリーの思い出 with M9

デリーに行ってきました。

今日の朝、インド・デリーから帰国しました。

(clickするとかなり拡大します)
c0116732_23182883.jpg

Leica M9 & Leica SUMMILUX-M f1.4/50mm ASPH.


現在激しい腹痛・下痢に苦しんでます...
インドの生水はかなりやばくて、旅行ガイドには歯磨きで口をゆすぐにもペットボトルの水を使えと書いてあるぐらいなので注意してはいたのですが。
昨日の(激安)ホテルで飲んだインドティーが原因だな、多分。

おかげで帰りの飛行機の中ではシートベルト着用アナウンスとの格闘でした(トイレ行かせてくれ~)。


というわけで、しばらくインドで撮った写真を投稿します。
[PR]
by pikolino | 2011-05-05 21:40 | デリーの思い出 with M9


Photograph


by pikolino

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
カトマンドゥの思い出 with M9
パリの思い出 with E-3
ハノイの思い出 with M9
デリーの思い出 with M9
Leica M9
Leica MP
OLYMPUS E-500
NIKON D700
OLYMPUS E-3
ひとりごと
未分類

以前の記事

2013年 07月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月

お気に入りブログ

ライフログ


Paris By Surprise


木村伊兵衛のパリ


Henri Cartier-Bresson: À Propos de Paris


部分と全体―私の生涯の偉大な出会いと対話

その他のジャンル

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31