Carl Zeiss Biogon T*28mmF2.8ZM@Old Delhi, India

写真はLal Qilaにて撮影。
(clickするとかなり拡大します)
c0116732_9161324.jpg

Leica M9 & Carl Zeiss Biogon T*28mmF2.8ZM

インドに持っていったレンズはズミルックス50mmとビオゴン28mm(現在所有しているレンズはこれらに8枚玉35mmの計3本のみ)。
ビオゴンはMPと一緒に購入した初めてのMマウントレンズだけど、今回の旅でほぼ3年ぶりぐらいに使ってあげました。

ベトナム同様に50mm一本勝負を考えてたのですが、遺跡巡りを計画していたので広角を使いたい場面が増えそうだったのと、あとこのビオゴン28mm+M9の描写にも興味があったので今回はこれら2本で撮影することに。
街中スナップは50mmで、遺跡巡りには28mmでといった感じで使い分けることにしました。
といってもレンズを屋外で付け替えるという行為を今までに一度もしたことがない(!)ので、外に持ち出すときは一本のみです。

で、このビオゴン、フィルム時代の写りからデジタルだと大体こんな感じな写りになるのでは?と予想をしていたのですが...
解像しまくりのキレまくり、かといって嫌みのあるシャープネスではなくて自然な繊細さを兼ね備えた写りで、頭に思い描いたのとはまったく違うレンズに早変わりしてました。

コシナツァイスはライカに較べればはるかに良心的な価格ですので、28mm以外のレンズにも興味津々といったところですね。
[PR]
by pikolino | 2011-05-14 10:15 | デリーの思い出 with M9


Photograph


by pikolino

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
カトマンドゥの思い出 with M9
パリの思い出 with E-3
ハノイの思い出 with M9
デリーの思い出 with M9
Leica M9
Leica MP
OLYMPUS E-500
NIKON D700
OLYMPUS E-3
ひとりごと
未分類

以前の記事

2013年 07月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月

お気に入りブログ

ライフログ


Paris By Surprise


木村伊兵衛のパリ


Henri Cartier-Bresson: À Propos de Paris


部分と全体―私の生涯の偉大な出会いと対話

その他のジャンル

画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30